トップページへもどる

脾臓の機能についてよく「運化、昇清、納血を主る」と言われます, 運化とは飲食物を消化、吸収し全身に送る働きのことを言います。
消化、吸収した栄養物質は心と肺へと昇り心と肺により全身へと送られます、脾は上昇する性質をもち、脾が心と肺へと栄養物質を上げる働きを昇清を主ると言います。
これに対して脾と表裏の関係にある胃は降濁を主ると言われ,消化したものを小腸、大腸へ下降させます、また 内臓下垂は脾の病症と第一に考えられ、胃の降濁作用が上手くいかなくなると脹満感、疼痛、嘔吐などが現われると考えられています、つまり脾の昇清機能と胃の降濁作用の両方が正常なことによりバランスが保たれます。
納血とは血が脈外にもれる、溢れ出るのを防ぐ作用のことを言います、この作用が落ちると血便、血尿、不正性器出血などが起こります。
また脾は肌肉、口、唇、涎、色では黄色と深く関わると考えられています。 脾の気が衰えると肌肉が痩衰え軟弱となり萎縮することもあります、また四肢に倦怠感、無力感などが現われます。 唇が薄い、つやがない口内が荒れたり瘡ができる、涎が口から溢れるなどは脾の気が弱いことを示唆します。 また「思」という感情は脾と関わり深く、脾が衰えると思慮過度となったり、思慮過度により脾の機能が衰えることなどが有ります。